入佐の蛍・2

今夜も入佐では蛍が乱舞していました(^^)



阿蘇惟澄が多々良が浜の合戦で敗れ、矢部の城に逃げ帰ってきた時、一緒に出兵し、亡くなってしまった入佐の人々の魂が蛍となって、刃こぼれした大太刀を治してくれたのではないか、と聞きました。

初めてこのお話を聞いた時も、毎年見てるこの風景のおかげで、自分の中にスッとお話が飛び込んできたのを覚えています(*^^*)

水が良いから蛍が乱舞してくれます♪
水が良いから米がいい!
米がいいからお酒もいいですよね(*´ω`*)

コメント

このブログの人気の投稿

「純米吟醸 蛍丸」及び「蛍丸グラスセット」 6月の販売スケジュール

通潤の日本酒で、とろっとやさしい梅酒を作りました

ツバメの子どもたち