鏡開き

本日は山都町商工会主催の賀詞交歓会ですが、その場で使われる鏡開き用の薦樽(こもだる)を納品してきました(^^)

そしてこの薦樽、テレビや新聞なんかでは木槌を持った方々が”えいっ!”と叩くとパコッと蓋が割れるわけですが、実は納品したての薦樽は”えいっ!”っと叩いてもビクともしないのです。。。
社長が準備している様子です。


バールをトンカチで叩いて、蓋を開けていきます

作業している間に熱くなってきました(^^;)

蓋が無事に開きました

実は開場前には既に少し割ってあるのですよ♪

鏡割り準備完了です!

蓋が開いた瞬間の杉材とお酒の香りはたまらなく素晴らしいです(^^)

コメント

このブログの人気の投稿

ソムリエの“田崎真也さん”に試飲していただきました(*^^*)

「純米吟醸 蛍丸」及び「蛍丸グラスセット」 7月の販売スケジュール

「蛍丸が蘇るまで」 (2015年8月23日菊陽町図書館での講演内容)